ホーム家族信託ペットのための家族信託

ペットのための家族信託

自分の死後ペットはどうなる?

私の家族は猫が大好きでわが家には4匹の猫ちゃんがおります。

将来子供が巣立ち、私たち夫婦のどちらかが亡くなったあと一人で生きていくことを想像した時にせめて猫にはそばにいてもらわないと寂しくて耐えられません。

お子様のいらっしゃらないご夫婦や一人暮らしの方でこのような思いでペットと暮らしていらっしゃる方はたくさんいらっしゃるでしょう。

 

でも、ご高齢の方の場合特に、ペットよりも先だってしまうこと、または病のため入院しないといけないこともあるでしょう。

 

そんな時に愛するペットの面倒を見てくれる人が欲しいですよね。

 

お元気なうちにそういう方を探しておきましょう。

 

「自分の財産をワンちゃんの名義にしてワンちゃんを世話してくれる人にワンちゃんからお給料を払えたら」

 

それが一番いいのですが、法律上人間以外に遺産は遺せません。

ペットのために信託をしよう

上記の悩みには「家族信託契約書」を作ることがおススメです。

委託者(飼い主さん)の財産の一部を「ペットのための信託財産」として信託口座を作り、信頼できる娘さんや知人、法人を「受託者」としてペットのお世話等を託し、信託口座から必要な資金を引き出してもらうという方法です。

飼い主さんが元気なうちに信託契約書を作っておくことで、飼い主さんに万が一のことがあっても安心してペットを託すことができます。

また、信託監督人を設置しておくことで、受託者がきちんと責務を遂行しているか監督してもらうことができます。


費用については、家族信託と同様の計算方法となります。


まずは、メール等でお問合せください。

e-shopローカル

車庫証明・名義変更・車手続きネットワーク

 
行政書士.COM

行政書士・地元密着なび

岐阜県車庫証明行政書士・岐阜車庫証 明センター
岐阜県岐阜市の車庫証明・自動車(軽自動車)移転登録・岐阜飛騨ナンバー 再製交付・車検証再発行お任せ下さい。

PAGETOP
CONTACT